プロフィール

うーも

Author:うーも
家庭菜園、スクラップブッキング、消しゴムはんこ、編み物、布小物、コラージュ、雑貨集め、、、、、ちょこっとずつかじってます。同じ趣味の友達ができたらいいなぁと思っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスカウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング
クリックお願いします♪

FC2Blog Ranking

現在お休み中
消しゴムはんこライブラリー

三重県PR その3

消しゴムはんこトレーディングクラブ(トレクラ)は、今日は届かず

明日、ドキドキです


さて、今日は、三重県PR その3 

伊勢神宮について

わたし的に、三重県の一番の観光名所は、伊勢神宮だと思っています。

伊勢生まれなので、ひいきかもしれませんが、誇っています

でも、三重県でたぶん一番有名ですよね

なので、熱い語りに(長く)なります


全国に~神宮って、いくつかありますが、

単に「神宮」って呼ぶものは、「伊勢神宮」のみ。

 ※「伊勢神宮」の正式名称は、「神宮」

伊勢神宮の本宮は、外宮(げくう)と内宮(ないくう)の2つで、

他に別宮が125社あります。

正式な参拝順は、外宮 → 内宮

 ※毎年仕事始めの日に、その時の総理大臣が参拝します。
  (来年は、野田さんかなそれとも

でも、実際のところは、内宮だけの観光客が多そう・・・

少しだけ離れているので、外宮内宮循環バスも走っています

内宮前には、「おはらい町」というお買い物やお食事ができるエリアがあり、

赤福本店もそこにあります。

おはらい町の中には、「おかげ横丁」というのもあって、

よくテレビでも紹介されて、有名です。

 ※私のおすすめは、おかげ横丁内にある、豚捨(ぶたすて)というお店のコロッケです(食べ歩きも可

夏には、赤福の「赤福氷」(抹茶味で赤福も乗ってます)も、名物です。

赤福は、名古屋、大阪、京都などでも売っていますが、
 
 ※なので伊勢名物と知らない人がいたり・・・

お土産として買う時は、出来る限り伊勢市で買ってます


こちらは、内宮の宇治橋前の写真。(数年前の冬にとった写真ですが・・・)

9/5伊勢神宮

 ※伊勢神宮と言えば、ここの写真


そして、今伊勢神宮は、大きな行事を控えています。

第62回式年遷宮。

社殿を造り替え、御神体を新宮に遷す、20年に一度の大祭。

第1回は、持統天皇4年(620年)歴史を感じます。

宮大工さんの技術の継承にもなるみたい。

式年遷宮は、平成25年ですが、

実際は、平成17年から、準備の行事が始まっています。

市民が参加するのは、御木曳(おきひき)や、お白石持ちなど。

御木曳は、済みました。

 ※20年前、御木曳の踊り子をしていました。年齢がばれそうですが・・・

20年前は、どうだったかわかりませんが、

今回は、「一日神領民」として、全国の方が参加したそうです。

今回の式年遷宮では、イメージソングもあります

花火の記事にも出てきた、藤井フミヤさんの「鎮守の里」

短いですが、こちらから聞くことができます。

http://www.sengu.info/song.html
「伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト」


伊勢神宮の中は、空気が違う気がします。

木々(神宮スギなど)に覆われて、とても澄んでいます

神聖な雰囲気で、すごく癒されます。

パワースポット人気に、私自身はあまり興味がないのですが、

伊勢神宮は、本当にパワーがある気がします。

また、ひいきかな。

 ※おすすめの時期は、新緑のころ。人も少なめだし、気持ちいいです。


これも冬の写真ですが、内宮の中に流れている五十鈴川。(母が写り込んでます)

9/5伊勢神宮

冷たくて、きれいな水です。


やはり、一番混雑するのは、お正月の初詣客。

2月になってもたんさんの観光客がいます。


一年を通して、たくさんの方が、三重県を訪れてくれます。

ありがたいことです

最後まで、読んでくださりありがとうございます
スポンサーサイト

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント